吾輩は猫である。名前はまだない。

どこで生れたか頓と見當がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で
ニヤーニヤー泣いて居た事丈は記憶して居る
吾輩はこゝで始めて人間といふものを見た。

然もあとで聞くとそれは書生といふ人間中で一番獰悪な種族であつたさうだ。
此書生といふのは時々我々を捕へて煮て食ふといふ話である。

然し其當時は何といふ考もなかつたから別段恐しいとも思はなかつた。
但彼の掌に載せられてスーと持ち上げられた時
何だかフハフハした感じが有つた許りである。

CAT1

掌の上で少し落ち付いて書生の顔を見たのが所謂人間といふものゝ見始であらう。此時妙なものだと思つた感じが今でも殘つて居る。第一毛を以て装飾されべき筈の顔がつるつるして丸で薬罐だ。其後猫にも大分逢つたがこんな片輪には一度も出會はした事がない。加之顔の眞中が餘りに突起して居る。

そうして其穴の中から時々ぷうぷうと烟を吹く。どうも咽せぽくて實に弱つた。是が人間の飲む烟草といふものである事は漸く此頃知つた。此書生の掌の裏でしばらくはよい心持に坐つて居つたが、暫くすると非常な速力で運轉し始めた。書生が動くのか自分丈が動くのか分らないが無暗に眼が廻る。胸が惡くなる。

到底助からないと思つて居ると、どさりと音がして眼から火が出た。夫迄は記憶して居るがあとは何の事やらいくら考へ出さうとしても分らない。ふと氣が付いて見ると書生は居ない。澤山居つた兄弟が一疋も見えぬ。肝心の母親さへ姿を隱して仕舞つた。其上今迄の所とは違つて無暗に明るい。眼を明いて居られぬ位だ。

CAT2

果てな何でも容子が可笑いと、のそのそ這ひ出して見ると非常に痛い。吾輩は藁の上から急に笹原の中へ棄てられたのである。

漸くの思ひで笹原を這ひ出すと向ふに大きな池がある。吾輩は池の前に坐つてどうしたらよからうと考へて見た。別に是といふ分別も出ない。

CAT3

2018.02.09新着縁は不思議なもので、もし此竹垣が破れて居なかつたなら、

2018.02.09新着吾輩は遂に路傍に餓死したかも知れんのである。一樹の蔭とはよく云つたものだ。

2018.02.09新着此垣根の穴は今日に至る迄吾輩が隣家の三毛を訪問する時の通路になつて居る。

2018.02.09新着偖邸へは忍び込んだものゝ

2018.02.09新着是から先どうして善いか分らない。其内に暗くなる、腹は減る、寒さは寒し、雨が降つて來るといふ始末でもう一刻も猶豫が出來なくなつた。

主人は餘り口を聞かぬ人と見えた。

  • ・下女は口惜しさうに
  • ・吾輩を臺所へ抛り出した。
  • ・かくして吾輩は遂に此家を
  • ・自分の住家と
  • ・極める事にしたのである。

主人は餘り口を聞かぬ人と見えた。

  • ・下女は口惜しさうに
  • ・吾輩を臺所へ抛り出した。
  • ・かくして吾輩は遂に此家を
  • ・自分の住家と
  • ・極める事にしたのである。

主人は餘り口を聞かぬ人と見えた。

  • ・下女は口惜しさうに
  • ・吾輩を臺所へ抛り出した。
  • ・かくして吾輩は遂に此家を
  • ・自分の住家と
  • ・極める事にしたのである。